クリアネオ

口臭改善できないのは、いつも食べてるあの食べ物が原因!?

口臭が気になっていて色々対策はしているけど、全然改善されない、、、(T ^ T)

そんな人は、普段何気なく食べている身近な食べ物が原因かも知れません。

そこで、口臭の改善を邪魔する食べ物をランキング形式でご紹介したいと思います。

反対に口臭を改善してくれる食べ物もご紹介していますので、食生活の見直しにお役立てください(^ ^)

口臭改善を邪魔する食べ物ランキング!

【3位】ニンニク、ニラ、らっきょう、玉ねぎ

え?ニンニクとかって食べ物自体の臭いが強いから、食べてすぐ口臭がキツくなるのは当たり前なんじゃないの?と思うかも知れませんね。

確かに、これらは食べ物自体の臭いが元々キツいのですが、実は食べた後も口臭の原因を作ってしまうんです。

これらの食べ物に含まれるアリシンという成分は、体内で分解されると臭いの原因物質になります。

この物質は、血液を通って体全体をめぐり、肺から排出される時に口臭として臭いを発してしまいます。

臭い物質は肺に限らず全身をめぐるので、皮膚から排出されて体臭の原因になったりもします。

かなり強い臭い物質なので、食べてから半日以上も口臭として臭ってしまう場合もあるんだとか。

口臭を改善したいのであれば、できればこれらの食べ物は避けるようにしましょう。

同じ野菜を食べるなら、キャベツ・レタスなどを生で食べるのがオススメ。

これらの食べ物のメリットは、

・生野菜の酵素と食物繊維が腸をキレイに
→汚れた腸から発生して全身をめぐる臭い成分を元からシャットアウト、口臭改善にも効果アリ

・かたい生野菜をよく噛むことで唾液が増える
→口が乾いて細菌が発生することによる口臭を防ぐ

体の中からキレイになれて、口臭改善にも効く生野菜は、積極的に取り入れたい食べ物ですね(^O^)

【2位】お酒(アルコール)

食べ物ではなく飲み物ですが、お酒は口臭にかなり影響します。

お酒に含まれるアルコールは、肝臓で分解されると臭い物質になり、全身をめぐります。

それが肺から排出されると、口臭として嫌な臭いを発生させます。

また、お酒は利尿作用で体を脱水状態にしてしまい、口の中も乾いて細菌が繁殖しやすくなり口臭の原因となってしまいます。

口臭を改善したいなら、お酒はできるだけ控えて。

代わりの飲み物としては、紅茶や烏龍茶をチョイスするのがGOOD。

カテキンの効果で口臭の原因菌を殺菌・消臭もしてくれるので、口臭改善にとても役立ちます。

もし、どうしてもアルコールが飲みたい時は、柑橘系のフルーツが入ったレモンサワーなどのお酒がオススメ。

レモンなどの柑橘類に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、唾液の分泌を増やす効果もあります。

これでドライマウスによる口臭を改善し、臭いの元となる雑菌の繁殖も抑えてくれます。

【1位】コーヒー

これも食べ物ではなく飲み物ですが、このコーヒーが口臭改善を邪魔する一番厄介なものなんです。

なぜかというと、コーヒー豆に含まれる粒の小さい物資が、舌に残りやすいから。

これが口臭の原因にもなりますし、唾液の分泌量も減らしてしまいます。

唾液は口の中を殺菌する作用がありますので、その唾液が少なくなると口臭が発生しやすくなります。

また、コーヒーに入れることが多いミルクや砂糖も舌に残りやすく、口臭の大きな原因となってしまいます。

これを改善するためには、普段の飲み物をコーヒーから緑茶に変えてみてください。

緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があり、口臭のもととなる細菌の繁殖を防いでくれます。

また緑茶には消臭効果もあるため、食後の飲み物や、日中ペットボトルで持ち歩く飲み物を緑茶にすれば、かなり口臭改善に効果があります。

他にも緑茶は、虫歯や認知症の予防効果もあると言われていますので、毎日飲み続けることで口臭改善以外にもたくさんメリットがあるそうですよ(≧∇≦)

口臭を改善してくれる食べ物・飲み物を上手に取り入れて、あなたもキレイな息を手に入れましょう♪

サプリメントで体内から口臭を改善するのも効果的ですよ↓

臭ピタッ!
↑一番売れてる口臭改善サプリはコチラ↑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る